ソフトで編集する

ソフトの編集ツールの選び方

まずは自身が使用するパソコンのOSに対応しているかどうか確認しましょう。
対応していないものをインストールしても使えません。

次にポイントにしたいのが、使いやすさです。
使い方を見ないと分からないようなソフトは使い勝手が悪いです。
そういった意味で使いきれないぐらいの多機能なソフトも扱いきれません。
基本的にあってほしい機能としては「動画の切ったり繋げたりが自由にできる」「テキストの挿入」「静止画像の挿入」「動画と音声を切り離して別のものとして使える」「音楽、BGMをつける」が挙げられます。
これだけあれば最低限の編集ができます。

機能以外の面では、安全面も重視したいです。
ウィルスやハッキングの原因になることもあるので、事前にソフトの評判やどこがメーカーになっているのかといったことを確認しましょう。

お勧めのソフト

「Avidemux Porrable」はWindows、Mac、Linuxに対応しているので、インストールしやすいです。
操作も簡単で、初心者でも使いやすい所がおすすめポイントの1つです。
また、AVIやFLVなど、多くのファイルフォーマットに対応している所も利点です。
もちろん、テキストの挿入や、トランジションといったエフェクトも充実しています。

「lightworks」もお勧めです。
こちらはもともとプロ仕様の動画編集ソフトでしたが、無料体験版として無料のソフトがでています。
無料版ですが、機能はほとんどそのままなので豊富なエフェクトを使えます。
デメリットは英語版しかないので、使うのに慣れないといけないことです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ